強弱のコントロールをするには?

ハーモニカ(ブルースハープ)で強弱を上手くつけることができますか?

 

表情豊かに曲を吹くためには、強弱のコントロールが欠かせません。

 

ですが、ブルースハープという楽器は強弱をつけるのがとても難しいんですよね。

 

 

トランペットやサックスほど大きな音量が出る楽器でもないですし、もともと小さい音と大きな音の差も少ないということもあります。

 

更にハーモニカは吹き吸いして音を出すので、強弱のコントロールが難しいんです。

 

その為、強弱の練習では極端に音量差をつけて音を出してみるとことがポイントです。

 

 

何故なら、自分では差をつけているつもりでも、聴くほうにしてみれば、ほとんど差がついていないということがとても多いからです。

 

細かい音になっても、ハッキリ変化が聞こえるようにしましょう。

 

2文音符はクレッシェンド、デクレッシェンドを取り入れてみると良いです。

 

 

また、ブルースハープって当たり前ですが、息を入れていれば音は出続け、息を止めれば音もとまる楽器です。

 

ということは音の消え際も自分でしっかりコントロールしないといけないということです。

 

思わず聴き入ってしまううっとりするようなプロの演奏は、これができるから 疲れずに音の強弱をつけながらキレイな音色で演奏することができます。

 

 

できるだけ少ない息で音をしっかり出せるようにするためにプロもやっている練習方法とは?

 

>>ハーモニカ上達革命の詳細を見てみる