単音の出し方のコツ

ブルースハープで単音をキレイに出すことが出来ますか?
初心者の方がしっかりブルースハープを練習しようとすると、最初にぶち当たる壁が一つだけの音を出すことです。

 

 

息を吹き込めば音がでますが、市販の教本を見て練習しても、吸って単音を出すことが上手く出来ないという方も少なくないかもしれませんね。
やはりこれが出来ないとなかなか先へは進めません。

 

 

ハーモニカ―は、普通に加えて吹く(吸う)と複数の音が出てしまいやすく、一つの音を出そうと意識が強くなってしまうと、唇に力が入って必要以上にすぼめて穴をふさいでしまいがちです。

 

 

これでは例え一つの音が出ても、音程が下がっていたり、苦しそうな音になったりと綺麗に出ないことが殆どです。
その為、単音の出し方のコツは、力を抜いて唇は穴に被せないようにすることが大事。

 

 

また、ブルースハープの加え方のところでも説明しましたが、パッカリングで行い前歯は5ミリ以上開けるようにした方がいいでしょうね。
唇をすぼめて照準を定めようとするとつい前歯が閉じ気味になってしまい、空気が左右に広がって出てしまいやすくなるからです。

 

 

ですので、前歯を少し開けて空気が当たらないようにし、すぼめた唇で狙いを定めるという感じです。
タングブロップの加え方の場合は、舌をだしているので自然と前歯は開きます。

 

 

また、基本的には舌は平らにして、空気は真っ直ぐに送ったり吸い込んだりしましょう。
その際にはもちろん、腹式呼吸で行うようにしてくださいね。

 

 

いずれにしても、単音が出せない人のほとんどがやり方を間違えていることが多いです。
ですが、コツを知って正しいやり方をすれば思ったより簡単に出来るようになることが良くありますよ!

 

 

この平松悟監修のハーモニカ上達革命 ブルースハープ習得講座では、単音が正しく出ているかのチェック法から、3分で簡単に出せるコツや練習法なども映像で分かりやすく解説してあります。

 

初心者からでも90日で上達する方法!

単音がすぐにでも出せるようになりたい方へ

 

ハーモニカ上達革命の詳細を見てみる