ブルースハープの呼吸法

ブルースハープの正しい呼吸法が出来ていますか?
演奏するうえで一番大切なのは腹式呼吸になり、これが基本になります。
これがしっかり出来れば迫力が出るなど、音が格段に良くなります。

 

 

更に、必要以上に息が苦しくならなくなったり、音程を下げるテクニックであるベントが容易になったりと良いことだらけ。
プロはこれができるから、疲れずに音の強弱をつけながらキレイな音色で演奏することができるんですよ。

 

 

そして、一般的に言って腹式呼吸とはお腹を使って行うことですが、自分では深い呼吸をしているつもりでも、口先だけで行っていたりする場合がとても多いです。

 

 

また、自然に呼吸をしようとすると胸が膨らむ感じで肩も動くよね。
これは胸式呼吸で、腹式の場合は肩が上がったりせず、吸うのに合わせてお腹が膨らんできます。

 

 

ですが、それを維持したままブルースハープを演奏することはとても難しいことですが、意識することが大切です。
そこで腹式呼吸の感覚を掴む方法としては、まず鼻からゆっくり息を吸い込み、口から吐いてみましょう。

 

 

この時には、椅子などに座り体を起こした状態で、お腹と胸の両方に手を当てて確かめながら練習すると分かりやすいです。
一方の手を胸に当て、そこが動かないようにチエックしてみて下さい。
もう片方の手はお腹に当て、膨らむような感触があれば上手く出来ている証拠です。

 

 

この感覚を良く覚えておきましょうね。
今度は口から息を吸い込み、同じような感覚になるように練習しましょう。
口から吸って腹式呼吸が出来るようにならないと、ブルースハープは演奏することが出来ません。

 

 

鼻で演奏するのは宴会芸でありかな(笑)

 

 

初心者からでも90日で上達する方法!

できるだけ少ない息でしっかり音が出せるプロもやっている練習方法とは?

 

ハーモニカ上達革命の詳細を見てみる