ブルースハーブの持ち方

ブルースハーブの持ち方をご存じですか?
これは最初に良く覚えておかないと、後々になって影響してきますよ。
おっ!我ながら力強い言いっぷりだ!(笑)

 

 

良いブルースハーブの持ち方は、しっかり固定していて、しかもあまり力が入っていないようにすること。
つまり、力まないようにすることがポイントです。

 

 

まずは、分かりやすい動画を見つけたので参考に見て下さい。↓↓

 

 

 

動画にもあるように、まず左手の親指と人差し指ではさみ、その上から右手を被せるように重ねて持ちます。
穴の番号上にして左側に低音部がくるように、指もしっかり閉じ、指の根元にハープの左側がつくようにします。

 

 

また、他の指は人差し指に軽く添えて伸ばしておきます。
このブルースハーブの持ち方は、手がメガホンのような役割をしているんだよね。

 

 

このようにして音が真っ直ぐに飛んでいくように操るわけです。
試しに指2本で持った時と、正しい持ち方をした時で音を出して比べてみよう。♪

 

 

そうすれば音の響き方がかなり変わることに気づくでしょう。
変わらないようなら、持ち方にだいぶ問題があるゾ〜(笑)
どこかが引っ張られていたり、突っ張るような感じがあれば、正しくない証拠で、正しく持っていれば、楽に構えられる筈です。

 

 

また、この時にはリラックスした状態で行うのが基本になり、特に肩の力を抜いておくことが大切。
しばらくその姿勢で吹いてみて、何だか疲れてしまうようなら体のどっかに力が入っているので、楽に持てるようにね。

 

 

初心者からでも90日で上達する方法!

 

ハーモニカ上達革命の詳細を見てみる