音色をコントロールするには?

ハーモニカの音色をコントロール出来ますか?
音楽を奏でる時には、ただ漠然と音を出すのではなく、そのメロディや曲想、更にはその時の気持ちで音色を変化させることで、多彩な表情を持った音楽になります。

 

 

例えば、柔らかくて温かい音を出すには、吸った時にほっぺたがへこむようにし、吸った時には膨らむようにします。
この時には舌を真っ直ぐにすると良いです。

 

 

力強いシャープな音を出すなら、吹いても吸ってもほっぺたはそのままで膨らまいようにします。
また、大きく豊かな音を出す時には、力いっぱい吹くことではありません。

 

 

大きく喉を広げて空間を作って、リードから発した音を響かせるという意識を持つて行いましょう。
この時には、深い呼吸も大切で、お腹から息を吐き、喉の奥深くへ吸い込む感じです。

 

 

逆に、小さく美しい音を出したいなら、まず大きな音を出して、それを伸ばしながら少しずつ音を小さくしてみて下さい。
つまり、大きな音と小さな音の違いは、空気のスピードの違いで、大きく豊かに音を出す形のまま空気の速さをゆっくりにするということです。

 

 

したがって、この時に音色が変化して、軽い音になってしまうのは良い状態とはいえません。同じ音色のまま小さく出来るように練習していきましょう。
また、ブルースハープで非常に魅力的のは太くてたくましい低音です。

 

 

その為、これは何としてでも身につけておきたいところです。
これは奥歯をなるべく大きく開くようにし、喉の奥をしっかり広げ、その状態を保ったまま、お腹の底から空気を吐く吸うを最大限に意識しましょう。

 

 

更に、低音に次いで、綺麗に出すのが難しいのが、伸びやかで艶ややかな高音です。
よくありがちなのは、空気が詰まって音が出にくくなったり、全く音が出ないということです。

 

 

このようになるのは、リードに対して曲がった空気が当たってしまっているからです。
その為、まずは口の中を縦に大きく広げ、顎を下げるという感覚でやってみると出しやすいでしょう。

 

 

なお、息を吸った時に濁ったようなな和音が出る時には、呼吸が上手くいっていない証拠です。
綺麗な音を出すコツは、なるべく喉に近くなるようにグッとハーモニカを押し付けます。
感覚的には穴が口の中に入っているという意識を持って吸ってみると、喉の奥に一度息が当たっていくような感じになります。

 

 

この平松悟監修のハーモニカ上達革命 ブルースハープ習得講座では、初心者からでも、少ない息で音をしっかり出せるようにするためにプロもやっている練習方法が紹介してあります。

映像を見ながら、姿勢や吹き方などを真似して行えばよく、疲れずに音の強弱をつけながらキレイな音色で演奏することが出来るようになれるでしょう。

 

初心者からでも90日で上達する方法!

プロがどうやっ音色をコントロールしているか分かります。

 

ハーモニカ上達革命の詳細を見てみる